にらもやしとまとの日記

さすらいのぴやの弾きのたわごとです

楽しいひなまつり。

お内裏様というのが一番上の男雛女雛のことで、
お雛様というのが三人官女や五人囃子も含めて全員の総称だそうで。
ずっと男雛をお内裏様、女雛をお雛様と思っておりました。
歌の歌詞のせいですね。
詩を書かれたサトウハチローさんも、
どうやら勘違いなさっていたのではないか、とかいう話。。

閑話休題

先日、高松での
「ひな祭りジョイントコンサート〜女声合唱見本市〜」
という演奏会に参加してまいりました。
演奏会前日には、
三人の指揮者(雨森文也先生、山本啓之先生、山脇卓也先生)による講習会を聴講し、
適切な一言のアドバイスで激変するのを目の当たりにし、
また、講師として担当したピアニスト講習会などもあり、
演奏会では、
三団体合同ステージと、公募合同ステージでのピアノを弾きまして、
いろんな角度から体験できた大変濃密な二日間でありました。

三団体それぞれの歌い手の皆さんの、
新しい情報を吸収し発信するエネルギー効率の素晴らしさに圧倒され、
そこに寄り添うピアニストの酒井先生、白鳥先生の
今生まれる音楽に対する謙虚な姿勢には恐れ入りました。
公募参加の皆さんの加わった時の音世界は、
単独演奏にはない豊かな厚みと和やかさを持っていました。
また、東京からスタッフとしてお力添えを下さったお三方
(三好さん、イトーさん、さんなんさん)の
テキパキと無駄のない仕事運びと、
大柄だけど細やかな気遣いの譜めくりイチセさん、
ホスト団として心尽くしのおもてなしを下さったmonossoメンバーの皆さんに、
心から感服しております。

そこまで準備するのはそれぞれ大変なのに、
「またやりたいね」とつい言ってしまう楽しさ面白さ。
これだから音楽はやめられない!

第二の故郷?!

明日明後日は、高松(レグザムホール)での講習会&演奏会です。
数年前に全国大会が開催されて以来の訪問。

実はワタクシ、小学五年生まで高松在住で、
ピアノを始めたのも、人間形成がなされたのも
その間、と言う事になります。

小学校の頃のクラスメートに演奏会の案内をしたら、
年度の変わり目でお子さんの行事があり、
どうしても抜けられないとの事。残念。
でもお陰様でそうして連絡を取り合って、
お互いの近況を知る事ができました。

住んでいた頃は商店街ももっとガサガサしていたし、
バスでちょっと行くとすぐ田んぼでしたが、
何年かに一度訪ねてみると、少しずつ垢抜けてきているようで、
嬉しいような寂しいような気分になります。

でも、何十年か経った今、
音楽の用事で再訪するのは感慨もひとしおです。
共演者やお客様と良い時間をご一緒できますように。

こんな講習会はいかが?

最近、ピアニスト講習会の機会を頂く事が増えてきました。
去年6月の熊本でも、3月2日の高松でも、その機会を頂いております。

が。

譜めくりさんや、ステージマネージャーの講習会も
あるといいんじゃないでしょうか。
誰にでもできそうだけど、
実はうまく全うするにはコツと言うか気配りが必要です。
急に頼まれて困ること、ありますよね?

さて、そんなアナタに、
まずは譜めくりのちょっとしたコツ(極意?)を。

midoliko-tsuki.hatenablog.com


ワタクシが長年お願いしている譜めくりストさんです。
全てにおいてここまで気を配るのは大変かもしれないけど、
彼女とて最初から全てできた訳ではなく、
困ったりドキドキする機会を経て学ばれたことなので、
参考にして頂くといいと思います。

全部乗せ?!

この度「熊本合唱市場」にご来場くださった皆さま、
本当にありがとうございました。

演奏会丸々二つ分以上あろうかというプログラムのボリューム、
演奏者はそのつもりで練習してきた訳ですが、
聴く方も長時間さぞ大変だったのではないかと思います。
それでも集中が途切れずにいられたのは、
客席の温かな拍手と笑顔のおかげに違いありません。

今回この市場を味わい尽くすべく、
自分が弾かないステージは全て歌い手として舞台に立たせて頂きました。
それぞれの楽曲の勉強になったのは勿論ですが、
名曲と言われる作品は飽きることがないのだなぁと改めて実感しました。

また来年の企画も発表され、今から楽しみでなりません。
ご一緒した公募合唱団の皆さんと、またお目にかかれますように。

f:id:popoh0108:20190211205732j:plain
解散会での一コマ

最後になりましたが、
毎回心づくしのホスピタリティで迎えてくださるSchola Cantorum Kumamoto
メンバーの皆さまに、心より感謝申し上げます。

やっぱり製本が好き。

仕事柄、時々コピー譜を製本する機会があるのですが、
昔から大好きなんです、製本。

まず、綺麗に紙の角を合わせて半分に折る作業が好きなのです。
(そう、折紙も大好きでした。)
その紙がズレていかないように片側をダブルクリップで固定、
もう片側に両面テープを貼っていきます。
場合によっては紙テープも駆使。
綺麗に出来上がると気分上々です。

f:id:popoh0108:20190208110553j:plain
製本セット

多分この気質は父譲り。
細かな単純作業が全く苦にならないのです。
一日の用事が済んで、夜に製本の作業があると思うと、
楽しみになってワクワクするくらいです。

聞いたら、多分面倒だと思う人の方が多いと思うよ、とのこと。
「製本して欲しい〜」というそこのアナタ!
丁寧な製本、お任せください!
ページ数が多ければ多いほど喜びます!(←変な言い方だな。)
ただし、当方余裕のある夜にしか作業できないので、
期日指定だと厳しいです。

あ、それじゃ困るか。

新ブログです!

はてなブログにお引っ越しをして、初回投稿です。

 

先日、東京でのCANTUS ANIMAEの演奏会にお運び下さった皆様、

ありがとうございました。

また新たな素晴らしい出会いもあり、

充実した気持ちで終えることができました。

ここから次に繫がる事があると思うと、

まだまだ元気に生きていかねば、です!

打ち上げ会場にて、当日お手伝い下さったお兄さま方と。

f:id:popoh0108:20190205140514j:plain

 

毎回を新鮮に、諸々の感覚を研ぎ澄まし、

謙虚な気持ちを忘れずに、活動を続けてまいりたいと思います。

春に向けて。

さて、一月ももう半ばを過ぎて、
世間ではバレンタインだなんだと言ってますが。

今年の本番始めは、
1月27日(日)の大阪大学男声合唱定期演奏会
(豊中の文化芸術センター大ホール)。
その翌週2月2日(土)には、
CANTUS ANIMAEの演奏会
(東京の第一生命ホール)。
その翌週2月10日(日)は、
熊本合唱市場
(くまもと森都心プラザホール)。
2月23日(土)には、
レディースコーラスフェスティバル
(兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール)。
3月2日(土)〜3日(日)は、三つの女声合唱団
monosso(香川)、ぴゅあはーと(東京)、Voci Brillanti(愛知)による、
ひなまつりジョイントコンサート
(高松のレグザムホール大ホール)。

ありがたい事に、次から次へといろいろ控えておりますが、
たくさんの方の大切な時間を良いものにするために、
一つ一つ丁寧に自分に取り込んで、丁寧にお届けしたいと思います。